ネットワークエンジニアに捧ぐ、フリーランスのチカラ

ネットワークエンジニアの仕事内容と役割について

ネットワークエンジニアの仕事と役割

ネットワークエンジニアの仕事と役割

誰もが使っているインターネット。検索エンジンやオンラインサービスなどは、複数のコンピュータが繋がることによって提供されています。
その、複数のコンピュータを「繋げる」という肝心な部分の技術を担うのが、ネットワークエンジニアの仕事です。

ネットワークエンジニアの種類

ネットワークエンジニアにも専門領域があります。
WAN(Wide Area Network)と呼ばれる様々な物理的場所とを繋ぐネットワークを専門にするエンジニアや、LAN(Local Area Network)を専門にするエンジニアとに大きく分類されます。LANとは、一箇所に集まるコンピュータ同士を繋ぐネットワークのことで、データセンター内のネットワークや企業内のコンピュータネットワークを言います。以前は、別々の知識が必要でしたが、近年はほぼ同じような技術が使われるようになったことで、厳密に区別されることはなくなってきました。

ネットワークエンジニアの仕事内容

ネットワークエンジニアも、システム系と同じようにSEと呼ばれることが多く混乱する人もいるかもしれません。ネットワーク系SEなどと表現されることも少なくありません。ネットワークエンジニアも、上流工程と下流工程に分類されます。
上流工程では、システム系SEと同じく、クライアントのヒアリングや要件の分析、ネットワークの設計などを行います。IP設定や、スイッチの数などからネット回線の費用まで、細かいところまで検討する必要があります。
下流工程は、実際にネットワーク機器を設置したり、設定をしたりします。フィールドSEとも呼ばれます。設計書をもとに、各コンピュータやスイッチの設定、物理的な配線など、様々な作業を行います。また、何か不具合が発生したときに現場に駆けつけるのもフィールドSEの仕事です。障害の切り分けから、機器の故障による交換までを一手に引き受けます。

ネットワークエンジニアの役割

ネットワークシステムにおいて、何か不具合が発生すると、真っ先に疑われるのがネットワークです。
現在のコンピュータシステムは、コンピュータ一台で完結するようなことはなく、必ず複数のコンピュータやそれをつなげるネットワーク機器で構成されています。それゆえ、何か不具合が起きた場合、まずはネットワーク環境を疑い、ネットワークエンジニアの出番となるのです。システム系エンジニアやプログラマによっては、ネットワークエンジニアによるネットワークの正常性が確認されてから初めて動き出すような人もいます。ネットワークエンジニアは、現代のITを支える重要な役割を担っているのです。

おすすめ記事

Copyright (C) 2014 ネットワークエンジニアに捧ぐ、フリーランスのチカラ All Rights Reserved.