ネットワークエンジニアに捧ぐ、フリーランスのチカラ

どの雇用形態がお得?ネットワークエンジニアの雇用形態について

ネットワークエンジニアの雇用形態

ネットワークエンジニアの雇用形態

ネットワークエンジニアの雇用形態のほとんどは、「正社員」「契約社員」「派遣社員」の3パターンに分けることができます。もうひとつ、雇用ではなく業務請負契約として企業内で働くスタイルとして「個人事業主」があります。
大半は正社員による雇用がですが、近年の不景気や、エンジニアに特化した派遣会社の進出によって、その割合も下がってきているようです。ここでは、それぞれの雇用形態におけるメリットやデメリットなどについて考えてみます。

正社員

最も安定しており、社会的信用の高い雇用形態です。
就職先の業績が好調であれば、ボーナスや手当なども期待できるでしょう。資格取得など社員教育も会社負担で受けられるかもしれません。また、大きな案件などは正社員が優先的にアサインされることもエンジニアにとってはやりがいのあることかもしれません。
しかし、正社員というのは、会社からすると一番コストのかかる雇用形態でもあります。個人事業主や派遣社員に比べると収入は低いことが多々あります。正社員であれば、派遣社員などの教育や管理を行う場面がありますが、実際の所得の差に愕然とすることもあるかもしれません。

契約社員

契約社員とは、期限付きの雇用契約により勤務先企業に直接雇われる社員のことをいいます。
基本的な待遇は、正社員と同じですが、雇用契約に期限があるため、契約満了で打ち切られる場合があります。企業にとっては、繁忙期や新規案件の立ち上げのときなど、一定期間に人が必要になったときに都合よく雇用できる形態です。最もおすすめできない雇用形態ではありますが、人によっては、1年だけ安定した仕事をしたいといったニーズもあると思います。内容をよく理解した上で、双方にとって都合があえば有効的な雇用手段となるでしょう。

派遣社員

派遣会社と雇用契約を結び、勤務先企業へ出向く方式です。
一般的には、正社員として雇用されるよりも月々の収入は高いようです。しかし一般的に賞与は支給されませんので年収ベースで比較すると必ずしも高収入とは限りません。紹介される案件から、仕事内容や勤務地などを自分で選択できるのもメリットでしょう。自身のスキルに収入が直結することも多いため、技術力に自身がある人には高収入が期待でき、最適な雇用形態かもしれません。残業代も全額支払われることが多いので、忙しくなればそれに見合った収入をもらえ、働き損になることはありません。しかし、派遣社員も基本的には期限付きの契約となりますので、契約社員と同様に、契約満了で打ち切りになる可能性もあります。また、正社員に比べ社会的信用が低いといったデメリットもあります。

個人事業主

最も収入が高くなるワークスタイルです。雇用契約ではなく請負契約であり、金額や勤務時間、業務内容等の細かい内容についても自ら決めて交渉でき、収入も勤務時間も思い通りになる可能性があります。しかし、個人と契約してくれる企業が少なかったり、契約をとってくるスキルも必要になるなど、上記の3つの雇用形態と比較すると最初のハードルは非常に高いものになります。また、個人事業主では確定申告なども自分でやる必要があり、本業以外に雑務をしなくてなならなかったり、税理士などの委託する費用も負担しなくてはなりません。

おすすめ記事

Copyright (C) 2014 ネットワークエンジニアに捧ぐ、フリーランスのチカラ All Rights Reserved.