ネットワークエンジニアに捧ぐ、フリーランスのチカラ

ネットワークエンジニアとして、これからのクラウド化に対応するにはスピードと提案力が必須

これからのネットワークエンジニアはクラウド化に対応

これからのネットワークエンジニアはクラウド化に対応

近年、「クラウド」という言葉が誕生し、その信頼性も向上したことから、多くの企業で導入を進めています。ネットワークエンジニアは、このクラウド時代にどのように対応し、スキルアップしていけばいいのでしょうか。

基本は変わらない

これまで、社内に構築されていたNASや、業務システムが、クラウド化によって外部に移行することになります。しかし、社内にネットワークがなくなるわけでもありませんし、社内のコンピュータがなくなるわけでもありません。一部のサーバの保守をやらなくてよくなるだけで、基本的にはそれほど変化があるようなことはないでしょう。
ただ、クラウド化にすることで、サービス運用上の設定や管理は、現場社員に任せることも可能になります。ネットワークエンジニアがサーバを直接操作して、運用管理するような実務作業は減っていくかもしれません。

ポイントは、提案力!

目立つ変化として予測されることは、システムやネットワークに関する企画や提案、選定などの作業が増えることでしょう。トレンドにうるさい経営者であれば、クラウド化することによるメリットやデメリットを説明するよう指示がでたり、コスト面において、削減効果が期待できるかどうか調査せよといった指示を受ける可能性もおおいにありえます。
現場作業だけをこなしてきたネットワークエンジニアにとって、最初は戸惑うこともあるかもしれませんが、このような仕事は、今後確実に増えていくことを覚悟しなければなりません。もっと言えば、これだけ多くのクラウドサービスが提供されている状況下において、それらのサービスをうまく活用し、経営に役立つ提案ができないネットワークエンジニアは、今後生き残っていくことが厳しくなるでしょう。 また、今までは機材調達など、時間的にも経済的にも、新規導入におけるハードルは高かったものが、クラウド化になることで、一気にそのハードルは下がることになります。ビジネスもさらにスピードが勝負になる時代となってきています。
スピーディに最適なネットワークシステムを構築すること、また、それを実現できるスキルが、これからのネットワークエンジニアには必要な能力なのです。

クラウド時代が、チャンス!

クラウド時代となり、クラウドサービスを開発、提供するベンチャー企業も増えてきました。
データセンターなど、大手に委託する企業もありますが、ベンチャー企業など、小規模な企業では、自前でクラウドシステムの構築をする事例も多いようです。クラウドサービスでは、ネットワークは生命線です。特別に高度なスキルを持っていなかったとしても、ネットワーク担当者は必ず必要となる人材です。
また、サーバの負荷分散や、仮想化など、より高度な技術もクラウドサービスを支える重要な技術です。
このような高度な技術を持ったネットワークエンジニアであれば、市場価値は高く、キャリアアップする絶好のチャンスとも言えます。

おすすめ記事

Copyright (C) 2014 ネットワークエンジニアに捧ぐ、フリーランスのチカラ All Rights Reserved.