ネットワークエンジニアに捧ぐ、フリーランスのチカラ

プロジェクトリーダーとして活躍する!フリーランスのベテランネットワークエンジニア案件

フリーランスのベテランネットワークエンジニア案件

フリーランスのベテランネットワークエンジニア案件

ベテランクラスのネットワークエンジニアにもなれば、当然のことながら要求される技術レベルもあがってきます。幅広く多岐にわたる技術スキルを問われます。プロジェクトリーダーとしてより上流の工程を担当することも増えてきます。常に上を目指すエンジニアにとって、率先して高い要求に応える機会を得ることも、フリーランスならではのやりがいであり、面白さといえるでしょう。

業務内容

上級エンジニアともいえるベテランネットワークエンジニアとなれば、求められる技術レベルも多岐にわたります。仮想化やネットワーク・ストレージなどのインフラ基盤の構築から、OSSやミドルウェアの構築、セキュリティに配慮したネットワーク構築など、主に上流工程を担当することになるでしょう。知識もスキルも常に最新の情報を仕入れておく必要があります。要件定義や提案といったフロント業務に加え、プロジェクトリーダーとしてのリーダーシップも求められるようになります。ベテランとしての経験値がものをいいます。

勤務条件など

募集される年齢条件なども狭まってくるのがこのレベルの特徴のようです。おおよそ30歳から40歳くらいまでで、かつ、勤務経験が3年以上などといった制限があるものも増えてきます。平均年収は、500万円から700万円で、こちらも首都圏の案件がほとんどです。
このレベルの求人を出すのは、ほとんどが大手企業のようですので、休暇などの待遇は他のエンジニアに比べ良くなっています。

求められるスキルなど

ベテランネットワークエンジニアには高度な技術レベルを求められますが、ポイントは、ネットワーク設計に関するスキルです。RFPの作成や見積もりの作成など、営業寄りの業務スキルやコンサルティングに近いレベルのビジネススキルが要求されるでしょう。
その一方で、プロジェクトマネジメントのスキルも要求されるなど、より高度な能力を持つ人材であることが求められます。
常駐案件では、フリーランスといえども契約先の社員と同じく、人材育成などを要求されるケースもあります。WBSの作成や、メンバーの課題管理などといった管理業務の経験も必要になってくるでしょう。あらゆる面で「ベテランなりの経験」が重要になってくるのは間違いありません。ネットワークエンジニアとして、長く従事してきた人にとっては、その経験を活かしてキャリアアップするのに最適な案件が多く見つかると思います。

おすすめ記事

Copyright (C) 2014 ネットワークエンジニアに捧ぐ、フリーランスのチカラ All Rights Reserved.