ネットワークエンジニアに捧ぐ、フリーランスのチカラ

プロジェクトマネージャーとして活躍する!フリーランスのスペシャリストネットワークエンジニア案件

フリーランスのスペシャリストネットワークエンジニア案件

フリーランスのスペシャリストネットワークエンジニア案件

最高峰といえる域に達しているネットワークエンジニアのフリーランスの案件情報を一例として紹介します。現時点ではまだこのレベルに該当していない人も、フリーランスとして活躍するのであればなおのこと、最終的にはこのレベルを目指してスキルアップしていきましょう。ここまで来れば、本格的な高収入ネットワークエンジニアとして自由自在に活躍できるようになるでしょう。それなりの実績も問われますので、このレベルに到達するまでの間に、少しでも幅広く質の高い実績を積み上げておくことが重要です。

業務内容

ネットワークエンジニアとして、方式設計やアーキテクトの設計など、もっとも高度な設計技術を要求されることになります。ネットワークシステムのグランドデザインの作成や、ミドルウェアの選定から調達、ネットワークやサーバなどのハードウェアベンダーの選定から交渉まで、技術者としてのスキル以外の能力も重要視されるようになります。
また、このレベルになれば、プロジェクトの規模は超大規模となります。一社だけで完結することは少なく、協力会社やベンダー会社など、組織やポジション、業種をまたいで様々な人との調整が求められるため、任務遂行においては、より高度なコミュニケーション能力と調整力が必要となるでしょう。

勤務条件など

平均年収は、650万円から1000万円で、やっと1000万の大台が見えてきます。このあたりまで来てようやくフリーランスのネットワークエンジニアの最高報酬クラスとなってきます。首都圏を中心に、全国規模の企業や、上場企業での勤務となることが多く、保険や手当てなどを含めた手厚い福利厚生は、文句なく整っていることでしょう。また、外資系企業の案件も少なくないため、英会話のスキルが必要になるケースもあるかもしれません。

求められるスキルなど

技術的にも難易度の高い案件を多く任されることになります。自分の知識や能力だけでは対応できないことも多く、より専門知識をもったメンバーやベンダーと一緒に乗り越えていかなければなりません。会議ではそのような様々な人の意見を確実にまとめていくファシリテーション能力が要求されます。
また、技術資料もほとんどが英語のものしかないレベルですので、それらを読解できる英語力も必要になります。ネットワークセキュリティも最高レベルの知識が必要です。加えて、相応の構築実績も求められるレベルです。

おすすめ記事

Copyright (C) 2014 ネットワークエンジニアに捧ぐ、フリーランスのチカラ All Rights Reserved.