ネットワークエンジニアに捧ぐ、フリーランスのチカラ

大規模なネットワーク構築案件に関わる!フリーランスの中堅ネットワークエンジニア案件

フリーランスの中堅ネットワークエンジニア案件

フリーランスの中堅ネットワークエンジニア案件

中堅のネットワークエンジニアがフリーランスとして活躍する場合、どのような案件があるのでしょうか。案件の一例を紹介します。
フリーランスで働くことの最大の楽しさは、自分で仕事を選べることです。会社員であれば勤め先によって関わる案件の規模も種類もほぼ限られていますが、フリーランスになればその制限が取り払われます。会社員時代には関われなかったような大規模ネットワークの構築など、やりがいのある仕事にも関わることができます。大規模ネットワーク構築案件は、実績づくりにも最適です。

業務内容

大手企業プロジェクトによる大規模ネットワーク構築案件に関わるチャンスも少なくありません。大規模ネットワーク案件における中堅ネットワークエンジニアの役割は、クライアントとの調整や、進捗管理、ベンダー選定などの上流工程が主な業務内容になります。また、要件定義、基本設計、テスト設計など、技術的なスキルはもちろんのこと、キッティングや設定作業などの現場作業も担当することになるでしょう。
大規模ネットワーク構築案件は数もそれなりにあり、中堅レベルのネットワークエンジニアであれば、大規模案件に携わることもそれほど難しくないようです。中堅レベルのネットワークエンジニアは、上流工程から下流工程まで、ひと通り業務をこなす必要があり、ネットワークに関する知識やスキルはもちろんのこと、クライアントとの打合せや、プロジェクトの取りまとめなどコミュニケーション能力も要求される業務内容になっています。

勤務条件など

まずは収入ですが、大規模ネットワーク構築案件であれば、年収にすると、平均的に450万円から650万円ほどになる案件が多いようです。月に平均して30時間程度の残業は覚悟しなければなりません。主に首都圏企業での勤務になるようですが、場合によっては地方に常駐することもあるでしょう。基本的には、休暇や手当などの面ではしっかりと整備された企業が多いようですが、常駐先によって休日や残業時間には差があります。

求められるスキルなど

ネットワーク構築に関する基本的なスキルはもちろんのこと、サーバ構築や運用に関する実務経験も求められます。中堅のネットワークエンジニアともなれば、設計書もきちんと作成できなければなりませんので、必要となるドキュメントを作成する能力も問われます。また、周りのエンジニアと協調して仕事を進めることができるだけのコミュニケーション能力と、仕事をやり遂げる責任感は必須です。課題や新しい技術には常に積極的にチャレンジする向上心を持つ人が必要とされています。

おすすめ記事

Copyright (C) 2014 ネットワークエンジニアに捧ぐ、フリーランスのチカラ All Rights Reserved.