ネットワークエンジニアに捧ぐ、フリーランスのチカラ

正社員が安定という時代は終わりに近づいている?ネットワークエンジニアはフリーランスで活躍できる

ネットワークエンジニアの「正社員=安定」はもう成り立たない?

ネットワークエンジニアの「正社員=安定」はもう成り立たない?

日本では古くから終身雇用制が慣習となっており、一般的には正社員で働くことを良しとしてきました。しかし、バブル崩壊、リーマンショックなどの不景気が続く中、大手企業の倒産、大規模なリストラなどが相次ぎ、終身雇用制度に対する信頼感は大きく揺らいでいます。大手企業ですらいつ解雇されるかわからない現状、正社員であっても生涯の安定はもはや約束されたものではありません。そのような時代において働き方が多様化するのもごく自然な流れと言えるでしょう。専門技術職であるネットワークエンジニアこそ、正社員として働く以外の選択肢を選んでもいいのではないでしょうか。

「正社員は安定している」のは昔の話

バブル崩壊以降、ずいぶんと長い間、不景気や就職難などの暗いニュースが続いてきた日本経済。そのような時代に安定を求めて、公務員や正社員になろうとする人が増えています。しかし、本当にそれが安定につながるのでしょうか。冒頭にも書いたとおり、大企業であっても、業績悪化や事業縮小による人員削減やそもそもの勤め先が倒産してしまうことが多々ある時代です。親方日の丸の公務員ですら公費節約・人員削減が進んでいます。
エンジニアの場合、成果や実績を残していかない限り、会社から解雇を言い渡されるケースは少なくありません。若手人材が求められる業界であるがゆえ、再スタートが難しい年齢になってからの突然の解雇というリスクも大きい職種です。雇用形態にかかわらず、結果を残さなければ収入もあがらないばかりか、職を職を失うことも十分ありえるのです。

フリーランスという選択肢

フリーランスとは、企業や組織に属さず、個人事業主として独立して働くワークスタイルのことを言います。
サラリーマンとは違い、仕事は自分で取ってこなければなりません。しかし、正社員であってもいつ職をなくすかという不安が拭えないこの時代、本当に信じられるのは自分のスキルではないでしょうか。会社組織に縛られることなく、自由な発想で、自分の腕だけで仕事をしていくのも決して悪くない選択だと思います。特にエンジニアという特性上、確固たるスキルをもっていれば、その働き方は十分に実現可能です。

活躍の場が広がる

サラリーマンは、ごく限られたフィールドでしか自分の能力を発揮することができません。勤めている職場内や契約先のクライアントなど、限られた場所で、指示された仕事を行うことになります。
本当に能力を持ったエンジニアであれば、自分の能力を他で試してみたいと考えるのは当たり前のことですし、スキルアップを目指すエンジニアにとっては、いろいろな現場や世界を目にすることによって、劇的なスピードで成長することもできるでしょう。
もちろん、トップクラスの技術を持ったエンジニアであれば、様々な企業で活躍できることはいうまでもありませんし、収入や信用もさらに増やしていけるでしょう。人脈も増えていき、起業の道なども見えてくるかもしれません。

おすすめ記事

Copyright (C) 2014 ネットワークエンジニアに捧ぐ、フリーランスのチカラ All Rights Reserved.