ネットワークエンジニアに捧ぐ、フリーランスのチカラ

フリーランスで活躍するネットワークエンジニアになるために必要なスキルを身に付ける

フリーランスのネットワークエンジニアに求められるスキル

フリーランスのネットワークエンジニアに求められるスキル

現代の企業において、ネットワークシステムは不可欠な存在です。
ネットワークシステムの重要なインフラ部分を支えるネットワークエンジニアに必要なスキルとはどんなものでしょうか。

WAN系の技術

ADSLやFTTHといった、インターネット回線に使われる技術や、IP-VPNなどの仮想ネットワークの構築など、物理的に外にあるネットワークとつなげるための技術です。キャリア系のネットワークエンジニアでは必須なスキルです。
また、最近ではビルやマンションの工事施工などでも必要になっているスキルです。物理レイヤーの知識が必要になってきます。近年の技術革新により、少しづつ需要がなくなってきている分野でもあります。

LAN系の技術

最近では、企業内に無線LANを整備することも珍しくなくなってきました。
スマートフォンやタブレットなど、ノートパソコン以外にも無線LANで接続する需要は高まっています。また、社員一人ひとりにパソコンが支給され、企業内に繋がっているコンピュータの数は増える一方です。このように多彩なデバイスを不都合なく企業内ネットワークに接続させることもネットワークエンジニアの必要なスキルです。
近年では、ただ繋がるだけではなく、よりセキュリティを確保した状態での接続を希望する企業もふえています。アンチウィルスなどのウィルス対策も、各コンピュータで行うのではなく、ネットワーク全体で行うソリューションも増えてきています。LAN系では、新しい技術やソリューションが頻繁にリリースされるので、最新技術に関する知識を日々勉強しておくこともネットワークエンジニアにとって必要なことでしょう。

サーバOSに関する技術

以前は、システム系エンジニアの仕事であったサーバのネットワーク設定なども、徐々にネットワークエンジニアの仕事になってきているようです。サーバのIP設定のみならず、アクティブディレクトリの設定や、メールサーバの設定など、ネットワーク以外の知識や操作スキルが必要になっています。
また、クラウド化やオンラインサービスの普及によって、増大するトラフィックをどう処理するか、負荷分散技術や、サーバの仮想化、ネットワークの多重化など、可用性を高め稼働率をあげるネットワーク構築なども求められています。現在のネットワークエンジニアにとって、この手のスキルは必要不可欠になってきており、単純なネットワーク構築しかできないようでは、サラリーマンとしても活躍するのは難しいでしょう。まして、フリーランスのネットワークエンジニアとして活躍するには、更に高度なスキルも身につけておくことが重要です。

おすすめ記事

Copyright (C) 2014 ネットワークエンジニアに捧ぐ、フリーランスのチカラ All Rights Reserved.