ネットワークエンジニアに捧ぐ、フリーランスのチカラ

ネットワークエンジニアの最高峰資格といわれるCCIE。その資格を取得しフリーランスのネットワークエンジニアとして活躍する

ネットワークエンジニアの最高峰資格CCIEとは

ネットワークエンジニアの最高峰資格CCIEとは

ネットワークエンジニアは、プログラマやシステム系SEと比べ、資格保有による収入アップが容易です。特に、フリーランスのネットワークエンジニアにとって、仕事を獲得する上で大変有利になるでしょう。

業界で最も有名なシスコ技術者認定資格

ネットワークエンジニアのみならず、IT業界で知らない人はいない、シスコ(Cisco Systems, Inc)。
ルータやスイッチ、IP電話にいたるまで、様々なネットワーク機器を開発、販売するナンバーワンのベンダーです。そのシスコが、民間資格(ベンダー資格)として実施、および認定をしているのが、シスコ技術者認定(Cisco Career Certifications)です。
ほとんどのネットワークエンジニアが、この資格を持っているといっても過言ではないでしょう。実力を証明できる資格としてだけでなく、キャリアアップ、転職などITエンジニアであれば、確実に有利になる資格です。企業によっては、この資格を保有しているだけで資格手当がつくところもあるようです。

シスコ技術者認定資格の概要

シスコ技術者認定資格は、5つのレベルがあります。
まず、ネットワークエンジニアとしての基礎を学ぶ「エントリー」。このレベルでは、「CCENT」と「CCT」という資格があります。
次に、「アソシエイト」というレベルがあり、そこには、「CCNA」と「CCDA」という資格があります。「アソシエイト」は、技術者として実務に必要な基礎レベルの知識が問われます。エンジニアとして取得するなら、このレベル以上のものが必要でしょう。なお、「CCNA」は、ネットワークの導入、運用、トラブル対応に関する分野。「CCDA」は、ネットワークの設計に関する分野になります。
次は、ぜひネットワークエンジニアであれば、目指してもらいたい「プロフェッショナル」のレベルです。シスコとしては、中級レベルのネットワークエンジニアという位置づけのようです。「CCNP」と「CCDP」があり、それぞれ、「CCNA」「CCDA」の上位版になります。
ここから上は、「エキスパート」と「アーキテクト」というレベルがあり、IT業界では、上級のエンジニアとして、世界でも認められる資格です。「CCDE」「CCIE」「CCAr」があります。

目指せ最高峰「CCIE」

「CCIE」は、4年以上の業務経験が必要とされ、合格率も20%以下と超難関資格です。
しかし、実際のネットワークエンジニアで、CCIEを保有しているのは、2%以下と言われ、資格保有者を求める企業は年々増加しているようです。つまり、CCIEは、ネットワークエンジニアとして求められるスキル保持の証明となる資格なのです。
現実に、CCIE保有者の平均年収は、700万円~900万円と、高額であり、アソシエイトレベルのCCNA保有者の平均年収の倍近い金額になっています。サラリーマンエンジニアはもちろん、フリーランスエンジニアであれば、仕事の獲得に必ず有利になるCCIEを取得し、ライバルに差をつけましょう。

おすすめ記事

Copyright (C) 2014 ネットワークエンジニアに捧ぐ、フリーランスのチカラ All Rights Reserved.