ネットワークエンジニアに捧ぐ、フリーランスのチカラ

ネットワークエンジニアがフリーランスとして活躍するために知っておきたいこととは?

フリーランスのネットワークエンジニアとして活躍するために

若い人を中心とした働き方の多様化が進む中、特にIT業界のエンジニアは、従来の「正社員としてひとつの会社につとめる」という形にこだわらず、活動範囲を広げ、自由にのびのびと活躍する人が増えています。頭脳と体ひとつで稼げるエンジニアにとって、ひとつの会社に縛られた働き方に違和感を感じる人が増えているということかもしれません。もちろんネットワークエンジニアにとっても同様です。インターネットを通じたIT技術は今後も進化し続けることでしょう。ネットワークエンジニアがフリーランスとして活躍するために知っておくべきこととは?

ネットワークエンジニアの最高峰資格CCIEに1発で合格する

ネットワークエンジニアの「正社員=安定」はもう成り立たない?

ネットワークエンジニアの「正社員=安定」はもう成り立たない?

ネットワークエンジニアの「正社員=安定」はもう成り立たない? 正社員か、フリーランスか?という議論において、必ずといってよいほど出てくる言葉が「安定性」です。確かに、フリーランスに比べれば、正社員として企業に属しているほうが安定度は高いかもしれません。しかし、正社員だからといって、安泰とは限らないのが今のご時勢です。大手企業の人員削減・リストラに関するニュースは、もう珍しさも感じなくなっているような現状、自力で生きていく術が必要です。

フリーランスのネットワークエンジニアに求められるスキル

フリーランスのネットワークエンジニアに求められるスキル

フリーランスのネットワークエンジニアに求められるスキル 会社員として企業に属していれば、スキルがなければ無いなりの仕事を与えられ、給料ももらえます。しかし、フリーランスで活躍するとなれば、話は違います。スキルがなければ、仕事もありません。仕事がなければ、収入もありません。ネットワークエンジニアがフリーランスとして活躍するために最低限必要なスキルについて、紹介します。フリーランスのネットワークエンジニアには、より幅広く、かつ最新の知識とスキルを要求されます。

ネットワークエンジニアの最高峰資格CCIEとは

ネットワークエンジニアの最高峰資格CCIEとは

ネットワークエンジニアの最高峰資格CCIEとは ネットワークエンジニアがフリーランスとして活躍するにあたり、ぜひ有効活用したいのが、資格です。IT業界の中でも、他のエンジニアに比べ、ネットワークエンジニアは資格を有効活用しやすい職種です。フリーランスとして活躍するのであれば、やはり狙いたいのはネットワークエンジニアの資格の中でも最高峰といわれる超難関資格、「CCIE」。仕事をとる上でも強力な武器となるでしょう。

ネットワークエンジニアの最高峰資格CCIEに1発で合格する

ネットワークエンジニアの最高峰資格CCIEに1発で合格する

ネットワークエンジニアの最高峰資格CCIEに1発で合格する ネットワークエンジニア資格の最高峰といわれるCCIE。CCIE認定資格を取得すれば、ネットワークエンジニアとしてエキスパートレベルのスキルを保有していることの客観的証明となります。筆記試験とラボ試験の2種類の試験をパスしてはじめて取得できる、この難関資格。受験料も安くないため、筆記試験だけでも一発合格しておきたいところです。CCIE筆記試験に一発合格するための裏技を紹介します。

おすすめ記事

Copyright (C) 2014 ネットワークエンジニアに捧ぐ、フリーランスのチカラ All Rights Reserved.